Posted on

HERO X, 「ボーダレスな音楽体験を牽引するアート集団、英国ドレイク・ミュージックが初来日!」

3月に参加したトークセッション「障害のある人の音楽表現を支えるテクノロジーの可能性」のレポート記事がHERO Xに掲載されました。

ボーダレスな音楽体験を牽引するアート集団、英国ドレイク・ミュージックが初来日! 前編
ボーダレスな音楽体験を牽引するアート集団、英国ドレイク・ミュージックが初来日! 後編

Posted on

3/15, 16 トークセッション&フォーラム登壇

下記イベントに登壇いたします。

参加ご希望の方は、オンラインフォームより参加のご登録をお願いいたします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018年3月15日(木) 開催
トークセッション「障害のある人の音楽表現を支えるテクノロジーの可能性」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テクノロジー関連の企業関係者、デザイナーやプログラマーを対象に
トークセッションを開催します。
英国において20年以上にわたり音楽 x 障害 x テクノロジーの分野を牽引してきた
アート団体ドレイク・ミュージックと、日本で障害と音楽の分野で先進的な取り組みを行う
アーティストや研究者を迎え、障害のある音楽家やテクノロジストなど多様なプレイヤーが
協働することでひろがる、新しい音楽表現や体験のあり方について考えます。

日時: 2018年3月15日(木) 14:00‐16:30
会場: カルッツかわさき (川崎市スポーツ・文化総合センター)、1階 大会議室 1
参加費: 無料 (日英逐次通訳つき)
定員: 40名
主催: 川崎市、ブリティッシュ・カウンシル
対象: 音楽やテクノロジー関連の企業関係者、テクノロジーやデザイン関連の大学関係者、
音楽家、テクノロジスト、デザイナーなど
申し込み方法: オンラインフォーム(http://bit.ly/DrakeTalkSession)よりお申込みください。
詳細URL: http://bit.ly/DrakeMusicTalk15March

【スピーカー】(五十音順)
‐ ガウェン・ヒュイット、ダリル・ビートン、ケレン・メイア(ドレイク・ミュージック)、
‐ 中西 宣人(楽器デザイナー)
【ファシリテーター】
金箱 淳一(楽器インタフェース研究者)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018年3月16日(金) 開催
フォーラム「MUSIC FOR ALL -すべての人に音楽を!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アーツカウンシル・イングランドのダイバーシティ担当ディレクターと
英国のアート団体ドレイク・ミュージックほか、日英で音楽と障害の分野で
活躍する方々をスピーカーに迎え、障害のあるアーティストが活動の場を広げ、
より多様性のある社会を作っていくためのヒントを探ります。

日時: 2018年3月16日(金)14:00‐17:00
会場: カルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化総合センター)、1階 アクトスタジオ
※諸事情により、会場が当初のご案内からカルッツかわさきに変更になりました。
参加費: 無料(日英同時通訳つき)
定員:  80名
主催: 川崎市、ブリティッシュ・カウンシル
対象:  オーケストラ、コンサートホールほか芸術文化関係者、音楽大学、
福祉関係者、自治体関係者、音楽やテクノロジー関連の民間企業、
テクノロジーやデザイン関連の大学関係者、音楽家、テクノロジスト、アーティストなど
申し込み方法: オンラインフォーム(http://bit.ly/DrakeForum)よりお申し込みください
詳細URL: http://bit.ly/DrakeMusicForum16March

【スピーカー】(五十音順)
- アビド・フセイン(アーツカウンシル・イングランド ダイバーシティ担当ディレクター)
- 貝谷 嘉洋(特定非営利活動法人日本バリアフリー協会 代表理事)
- 桐原 美砂(東京交響楽団 フランチャイズ事業本部)
- ガウェン・ヒュイット、ダリル・ビートン、ケレン・メイア、(ドレイク・ミュージック)
‐ 中西 宣人(楽器デザイナー)
【モデレーター】
中村 美亜(九州大学大学院 芸術工学研究院准教授)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Posted on

mysound, 「Arduinoで電子楽器作りにチャレンジ 第3回」

ヤマハ運営の音楽配信&音楽情報マガジンサイトmysoundにて電子楽器作りの連載第3弾が公開されました。
導入を含めて全4回。Arduinoを使い始めるところから、PdやLiveを使ってMIDIコンを作るところまでやっと到達です。
楽器づくりの入り口に使ってもらえれば嬉しいです。
http://mysound.jp/om/120/