Prism Lights Overlay (2011)

Prism Lights Overlay は、作曲家の今堀拓也先生作品、笙とピアノのための『Layer of Lights (光の層)』のために制作したプリズムによる映像表現システムである。本システムは、プロジェクタ・プリズム・Arduinoによる回転デバイスによって、幾重にも重なる像を作り出すことが可能であり、音響に反応する抽象的イメージを会場内全体に拡張することができる。

Performance:
2011.01 sonorium 共催シリーズ2011『音楽と映像』ニンフェアール第7回公演~笙とピアノ・映像の融合~
2011.07 YAMAHA 銀座スタジオ『HARMONICES MUNDI』玉川大学芸術学部メディア・アーツ学科マルチメディアコンサート