Ripples of the Water (2009)

Fluid Sessions は、打楽器奏者の金成葉子さんとのコラボレーションにより行ったマリンバとエレクトロニクス、映像を用いたパフォーマンスである。日本大学芸術学部音楽学科情報音楽コース”SWITCH2009”にて発表が行われた。楽曲名である”水の波紋”というイメージを音楽的表現に反映させるため、マリンバ演奏音のリアルタイム加工、事前録音した水滴落下音、水滴形状のバーチャル打楽器を用いた音響の3要素を用いて表現し、それら音響表現により発生する音信号を用い、波紋のイメージを中心とした映像をリアルタイム生成した。

Performance:
2009.03 SWITCH 2009 (情報音楽コース演奏会)