Pure Data Synthワークショップ (@403 forbidden)

東京工科大学松村誠一郎先生の”Pure Data Synth ワークショップ”が2/16-17に開催されます。
Pure Data + Arduinoを用いたシンセサイザ制作を体験する2日目は講師として参加します。

以下、松村誠一郎先生のサイトから転載させていただきます。
http://low-tech-ism.com/ltb/?p=875#more-875

※今回の募集は終了いたしました。
当日の模様がflicker上にアップされています。 http://low-tech-ism.com/ltb/?p=1080″ target=”_blank”
Pd Synth Workshop Day1(Photo by Kotaro Muta)
Pd Synth Workshop Day2(Photo by Kotaro Muta)
Pd Synth Workshop Day2(Photo by Sei Matsumura)
============================================================================

Pure Data Synthワークショップ

概要
シンセサイザーをテーマにしたPure Dataのワークショップを開催します。
Pure Data(以下、Pd)でシンセサイザーをシミュレートしたパッチの制作をします。そしてArduino経由でセンサーを使ってPdシンセを操作、さらにArduino自体をシンセ音源としてPdのシーケンサーでの制御を体験します。
市販のソフトウェアシンセや便利なDAWとは異なる、ちょっと不自由だけど楽しいゼロからの音作りを体験してみましょう。

スケジュール
[Day1 「Pd Synth Day」(講師:松村誠一郎)]
・アナログ(ライク)シンセパッチ制作
・FMシンセ(6オペレータ)パッチ制作
・チップチューンシンセパッチ制作
・アルゴリズミックシーケンスパッチ制作
・MIDIコントローラーの接続
・Open Sound Control(OSC)でセッション
[Day2 「+Arduino Day」(講師:中西宣人)]
・センサー接続でPdシンセをコントロール(Arduino+Pd)
・Arduinoをシンセ音源。Pdでコントロール。
・発表会

参加条件
・Pure Dataの基本的な操作を理解している方。
・Pd-extended 0.42.5をインストール/動作確認済み、およびArduinoソフトウェアをインストールしたラップトップパソコン(Mac、Windows)とヘッドフォンを持参できる方。
・シンセサイザーの音が好きな方。

期間
2013年2月16日(土)~17日(日)各日10:00~18:00

場所
403 forbidden
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-38-11 原宿ニューロイヤルマンション 403号室
東京メトロ銀座線外苑前より徒歩8分

定員
12名(定員を越える場合は抽選)

参加費
5000円

備考
センサー、電子部品、スピーカー、Arduino Uno、MIDIコントローラー、ケーブル類、電源タップ等の機材/消耗品/工具は当方で用意いたしますが、お持ち帰りはできません。ワークショップテキスト、Pdパッチはお持ち帰り頂けます。
必要な方はご自分のオーディオインターフェイスをご持参ください

申し込み方法
以下イベントアテンドよりチケットをご購入ください。ワークショップ代金お支払いは当日会場にてお願いいたします。応募者多数の場合は2/01に抽選後、ご連絡いたします。http://atnd.org/event/2013pdsynthworkshop

申し込み〆切日時
2013年1月31日 23:00

主催
東京工科大学デザイン学部
株式会社バイトルヒクマ

サポート・協力
403 forbidden
原田克彦
金箱淳一

参考資料
拙著「Pd Recipe Book」を事前にご一読されると、よりいっそう理解が深まるでしょう。

============================================================================

Published by

Yoshihito NAKANISHI

Yoshihito Nakanishi (Tokyo, 1987) is a sound & musical instrument designer. He holds a PhD in Information Studies from the University of Tokyo. His research interests include interactive art, interactive design of electronic musical instruments and collaborative musical expression environments for musical novices. His current research project is concerned with development and design of collaborative musical instruments for non-musicians.